toggle
2019-01-06

西洋医学と東洋医学

2ヶ月ほど前ですが
人間ドックに行ってきました。

 

「鍼灸師も人間ドック行くの?」
という疑問を持つ方も
いるかもしれませんね。

私は「やる派」です。

だって、病気コワイし。
早期発見してくれるなら
利用しちゃいます。

そう言い切れるのは
私が産婦人科分野で
さまざまな症例を見てきたから、
かもしれません。

 

 

なかなか妊娠しないとき

西洋医学的に治さなければ
「絶対に自然妊娠は無理」
なケースがあります。

例えば「卵管閉塞」

卵管が詰まっていて妊娠しない場合
手術で卵管を通すか
体外受精をするしかありません。

しかも、「体外受精」は
卵子と精子を子宮の外で受精させて
子宮に戻すという
ミクロの世界での先端技術。

その結果、
長い間妊娠しなかった方が
妊娠したりすると

西洋医学ってすごいなー!
って、尊敬するわけです。

かなわないって思います。

 

– – – – – – –

 

でも、もちろん
西洋医学的に問題がなくても
妊娠しないケースもあります。

そういう人は
「鍼灸」や「漢方」の出番。

カラダの底力をつけて
妊娠しやすいカラダに
整えていくのが得意です。

得意分野が違うだけで
どちらも良い、なのです。

上手に使い分けるといいですね。

 

– – – – – – –

 

こんな言葉を教えてもらったことがあります。

 ===============

  東洋医学は
    患者を幸せにするけれど

  西洋医学を知らないと
    患者を不幸にする

 ===============

まさにそれ!です。

私は幸せになるために鍼灸をして
不幸を避けるために
西洋医学のお世話になっています。

 

 

 

鍼灸って敷居が高いという方も多いのですが
もっと気軽なものなんですよ。

例えば私、
「人間ドッグはやる派」ですが
胃のバリウムが本当に苦手で

人間ドッグのあとは
胃腸の調子が良くないのです。

そんな時は「お灸」をしてみます。

大腸のツボである「合谷」に
熱めのお灸をしてみました。

いつもと比べたら
なかなかお灸が熱くならないから
胃腸のダメージが
大きかったとわかりました。

そして、
お灸がアチッとなったあとは
胃腸の辛さが緩和されていました。
(ゼロではないですよ〜)

 

私にとってお灸って
サプリを飲むくらい気軽なこと。

 

そんな風に
お灸をもっと身近に活用してほしいから

 

新春お灸教室を企画しました。

 

一般向け妊活向けの2種類
ご用意しました。

募集はメルマガで始まっていますので
興味のある方は
こちらからお問い合わせくださいね!

 

 

 

 

 

最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。
関連記事
Comment





Comment