toggle

お灸を使ったセルフケア教室<オンライン版>Step2-基礎編

「お灸を使ったセルフケア教室<オンライン版> Step2」

をご案内いたします。

 

Step1では基本的なお灸のやり方を
知っていただきました。

必要な本やサイトもお伝えしましたので
「お灸をする」ことはできるようになりました。

その一方で、
きちんと効果を上げるには
もっと知ってほしい事があります。

お灸で効果を出すためには
次の3つが必要です。

 

 1.的確に状態を診断してツボを選ぶ
 2.正確に「ツボ」を取る
 3.適切な刺激量を与える

 

 

1.的確に状態を診断してツボを選ぶ

例えば「肩こり」ですが、
さまざまな種類があります。

 

・作業や運動など腕の使い過ぎからくる肩こり
・パソコンなど眼精疲労からくる肩こり
・内臓の不調からくる肩こり
・風邪の初期の肩こり
・頭痛を伴う肩こり

 

これらの症状、
全部同じツボで改善するでしょうか?

もちろん違います。

鍼灸師は症状から原因を考え、
それにあったツボを選びます。

手当たり次第やればいい、
というものでもありません。

 

 

美味しい料理を作ろうと
思いつくままに調味料をあれもこれもと
入れたとして
ちゃんと美味しい料理になるでしょうか?

違いますよね。
なんでも入れればいい
というわけではありません。

腕の良い料理人は、
少ない調味料で素材の旨味を引き出す
と言われます。

 

 

私のお灸教室では
少ない数で最大限の効果を出します。

それは、
たくさんのツボにお灸するより
遥かに難易度が高いのです。

 

 

2. 正確に「ツボ」を取る

 

Lesson1ではハードルを下げるために
「ツボを取る時は、最初は押して痛いところで」
とお伝えします。

私が最初に教えるツボは
それで大丈夫なツボばかり。

でも、実際には
押して痛みがあるツボばかりではありません。

 

押して痛みはない、
けれどお灸をしたら効果的なツボ
というのもあります。

押して痛いところ、と探してしまうと
見逃してしまうツボもあるということです。

 

全身にツボは361個。
それぞれに個性があります。

全部知る必要はありません。
「必要なツボだけ」でいいので
「きちんと」知ってほしいと願っています。

 

 

3. 適切な刺激量を与える

 

ツボをきちんと取ったのに効かない

そんな時は、
刺激量が足りない可能性もあります。

 

・冷えている時
・むくんでいる時
・体調が悪い時

 

大胆に多くしないと
効果が出ないケースもあります。

その一方で、やりすぎると
長風呂したあとみたいに
のぼせる事もあります。

 

皮膚が薄い場所や敏感な場所に
強い刺激はNGです。

 

適切な刺激量は

・体調や体質
・天候
・使うお灸の特徴

総合的に判断して行うものです。

 

 

人の体はみんな違います

 

人の体は千差万別。

 

私はツボを見つけるのが得意ですから

「あなたのツボはここ!」と言って、
パパっとツボにマークをつけるのが
一番早くて楽です。

 

でも、そうしてしまったら
その人はいつまでも
ツボを教えてもらわなくてはいけない。

 

私がこの講座でこだわっているのは
「再現性」です。

 

困ったときに必要なのは
誰かに治してもらった経験ではなく
自分で治した経験です。

 

「このテキストの通りにやって楽になった」
というものがあれば
次も安心してやることができます。

 

– – – – – – – 

 

例えば西日本在住のAさんと
こんなレッスンをしました。

Aさん:肩がこったので自分でお灸してみたけど効かなかったんです

ワタシ:今、そちらも雨ですか?

Aさん:はい!

ワタシ:では、頭が熱くて足が冷えていませんか?

Aさん:あ、そうです!

ワタシ:「冷えと湿気が足元から入り、頭が熱くて足が冷えてる「冷えのぼせ」という状態になっているのでは。冷えと湿気が原因なので…(テキストをパラパラめくる)「むくみ」のページを参考にしてお灸しましょう!

 

 

という会話のあと、
「むくみ」のお灸をレッスンしました。

今度は肩こりが改善したと、
喜んでいらっしゃいましたよ!

 

これは、むくみも、Aさんの肩こりも
原因が「冷えと湿気」だからなんです。

この次、しとしと雨が降る日に
Aさんの肩がこったら
テキストの「むくみ」のページを見て
お灸すれば大丈夫!

 

こういう体験を積み重ねて
お灸が上手になっていきます。

 

「ツボの専門家」は鍼灸師だけ。

私は専門学校で3年間学び
臨床では1万人を軽くこえる
人の体に触れています。

その「知識」と「経験値」を
あなたのためだけにお伝えする。

それが

Step2-基礎編です!

 

 

 

詳 細

STEP2-基礎編は60分×3回です。

実際に提供すること

・事前にお灸(4種類)とテキストを送ります。

・60分×3回の講座です。1回1テーマで、ツボの解説やお灸指導をします。
内容はご希望に添うようにしますが、例えばこんな感じです。

Lesson1 :上半身(肩こり)
Lesson2 :下半身(腰痛)
Lesson3 :体全体のケア(ストレス・冷え症)

・毎回の講座後は1週間のサポート付き。

 

時 間

時間は約1時間を予定しています。

 

価 格

24,000円

(内訳 受講料21,000円+教材費3,000円)

 

お支払い方法

お申し込みから2日以内に、銀行振込またはクレジットカードでお願いします。

 

 

お申し込みはこちらから!

 

 

 

 

Q &A

 

3回コースということですが、どのような頻度で受けられますか?

ご都合に合わせてで大丈夫です。
間が空くと忘れてしまうので、できれば2週間に1回程度がおすすめです。

 

お灸の種類はStep1と同じものですか?

違う種類をご用意しました。
いろいろなお灸を試して、お気に入りを見つけてください。

 

2回目以降の時間はどうなりますか?

1回目終了後に相談して、都合の良い時間を決めますので、ご相談ください。