toggle
2020-06-12

MyStory2.鍼灸について

鍼灸の資格について
知らない人も多いではないでしょうか?

私も自分が資格を取るまでは
全く知りませんでした。

 

・はり師
・灸師

この2つを合わせて「鍼灸師」です。
単独の資格ではありません。

 

そして、
「東洋医学」は、
「湯液(漢方薬)」と「鍼灸」の二本柱。

 

漢方薬という、カラダの中への刺激。
鍼灸という、カラダの外からの刺激。

この2つは車の両輪のようなもの。

 

現代の資格では
「医師」「薬剤師」と「鍼灸師」
ということになるのでしょう。

 

詳しいことはわかりませんが、
医師や薬剤師の養成機関は
西洋医学がメインで

漢方についてのカリキュラムはほとんどなく
別に学ぶと聞きました。

 

そういう意味では、
鍼灸学校というのは、
東洋医学を学ぶ唯一の専門機関です。

 

 

世間でよく言われている「ツボ」ですが
鍼灸師はツボの専門家です。

3年かけて、「ツボ」、すなわち
「経絡経穴」について専門的に学んでいます。

 

この症状にはこのツボ
なんていう簡単なものではなく、
古代からの叡智がつまったものです。

 

東洋医学の世界での、
「生理学」や「病理学」にあたる
「東洋医学概論」も実に奥深い世界。

 

脈々と受け継がれてきた
「鍼灸治療」の世界は

学んでも、学んでも終わりが見えず
「まだまだだなぁ~」
と、いつも思っています。

 

でも、だからこそ面白い!

 

飽きっぽい私が、
20年も夢中でいられる!
それが、鍼灸の世界です。

 


関連記事
Comment





Comment