toggle
2018-10-22

鍼灸師になるまでの道のり 11

出産した日は疲れをとるためにゆっくり休んで、
翌日、赤ちゃんが病室に連れてこられました。
(お産のあとは疲れを感じなくするホルモンが出てるので、そんなに疲れを感じないようになっているそうです。私も、アタマが冴えて眠りたくても眠れませんでした。)

 

赤ちゃんを連れてきた看護師さんが去ると、
私と赤ちゃんが残されました。

「うーん・・・」

目の前にいる、ブニュブニュして
やわらかそうな赤ん坊。

私、お母さんのはずだけど、
どうしたらいいかわかりません。

一瞬躊躇して、勇気を出して抱っこしました。

「エイッ」って感じ。
その瞬間が今でも忘れられません。

 

私の場合、母性本能って
勝手にわいてくるものではありませんでした。

「私がこの子のたったひとりのお母さんなんだ」

という自覚が一番最初でした。

 

自分のこと「お母さん」っていいながら、
「お母さんがオムツかえてあげるね~」
「お母さんが抱っこしてあげるね~」

自分に言い聞かせながら
少しずつお母さんに
なっていったように思います。

 

 

夫もそうだったのでしょうね。
最初は何もかもうまくできなくて、
それが当たり前でした。

そうやって、
少しずつ親らしくなっていくのですね。

子供のいる生活に少し慣れてきたころ、
思いがけない出来事が起こりました。

 

 

鍼灸師になるまでの道のり12 につづく

このブログは2009年6月に書いたものに加筆訂正しています。


最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。
関連記事
Comment





Comment