toggle
2018-10-22

鍼灸師になるまでの道のり 8

イトオテルミーのK先生は、
私よりひとまわり上の女性でした。

明るくて、聡明で、いつも笑っていて、
会うだけで元気をもらえるような存在で
毎週治療に通うのが楽しみでした。

治療は1週間に1回でしたが、ときどき
「ごめん、来週田植えなんだ(笑)」
などの理由で
治療をお休みするところもツボでした。

 

仕事と家庭を両立している姿を
見せてもらいました。

いろいろなことを話し
笑ったり泣いたりしました。

今の私の仕事のスタイルは、
この頃のK先生と同じです。

大きな影響を受けました。

 

 

そして、治療を始めてから
半年後に妊娠がわかりました。

 

妊娠がわかってから、
漢方薬はやめましたが、
テルミーの治療は続けました。

お腹の子供がすくすくと育つ
といわれたからです。

 

それだけでなく、
1週間に1回治療を受けるということが
とても心地よくて

妊娠したからといって
おしまいにしたくなかったのです。

 

 

鍼灸師になるまでの道のり9 につづく

このブログは2009年6月に書いたものに加筆訂正しています。


最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。
関連記事
Comment





Comment