toggle
2018-10-11

鍼灸師になるまでの道のり 5

31歳で結婚しました。

優しくて頼もしい素敵な夫でした。

結婚したら、子供は2人。
平凡でいいから幸せな家庭を・・・
と夢を見ていました。

遅めの結婚だったので、
早く子供がほしいとも思っていました。
結婚してすぐに妊娠して喜んでいましたが、
11週で流産しました。

それから1年すぎても、
妊娠の気配がありません。

1回妊娠できたのですから、
器質的な問題はないと思ったのですが、
念のため検査もしました。

問題はありませんでした。

出口の見えない「不妊」の始まりでした。

 

 

「治療しましょう」と言われて、
排卵誘発剤の注射を受けました。

「まれにお腹が痛くなることがあります」
と言われましたが、
その「まれな例」になってしまったようで、
下腹部がかなり痛みました。

そして、それをきっかけに、
それまで正常だった基礎体温が
乱れるようになりました。

「まれな例」になってしまったのは
自分の冷え症に原因があるのではないか
と思いました。

冷え症を治せば妊娠できるかもしれない、
と、確信に似た感覚がありました。

東洋医学に興味はあったものの
治療の体験がなかった私は、

これをきっかけに、
東洋医学の治療を受けてみたい、
とも思っていました。

 

西洋医学を否定するわけではないのです。
東洋医学という未知の医療に対する興味が
ずっと勝っていたのです。

試してみたくてしょうがなかった。

相談する人もいなかったので、
手探りで探していきました。

 

 

 

鍼灸師になるまでの道のり6 につづく

このブログは2009年6月に書いたものに加筆訂正しています。


最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。
関連記事
Comment





Comment