toggle
2018-09-21

鍼灸師になるまでの道のり 1

「どうして鍼灸師になったのですか?」
と、初対面の方からよく聞かれます。

鍼灸とは縁のない
サラリーマンの家庭に育った私が
鍼灸師になるまでの道のりを
書いていきたいと思います。

 

 

私が生まれ育ったのは
山あいの小さな村です。

私の母親は、その村の診療所で
医療事務の仕事をしていました。

ちょっとした病気でも、
母親が病院から薬をもらってきてくれたので、
小さな頃は与えられるままに飲んでいました。

 

しかし、健康だったわけではありません。
私は他の子と比べて
目立って体が小さな子でした。

同時に、持病のようにお腹が痛く
顔色が悪くて精気がなく
いつも体調の悪い子供でした。

実は、その頃は家庭環境がとても悪く
家族の争いが絶えない家でした。

 

物心ついた頃から
いつも緊張と不安でいっぱい。

そんな私の体に現れる病気は
「心の問題」が影響していたわけですから、

腹痛だから痛み止めの薬を飲む
という方法では
治るはずがなかったのです。

 

健康とは、体のことだけをいうのではないと
子供ながらに感じていました。

そして、薬を飲んでても
健康になれないということも。

 

 

 

鍼灸師になるまでの道のり2 につづく

このブログは2009年6月に書いたものに加筆訂正しています。

 

 


最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。
関連記事
Comment





Comment