toggle
2019-01-09

受験生とお灸

先日、患者さまより

「受験が終わった息子に
 お灸をして!と頼まれました。」

という報告がありました。

素敵ですね。
親子でホッコリした
のではないでしょうか?

 

 

受験生のカラダって
ガチガチなんです。

だって、ずっと座りっぱなしで
勉強しているわけでしょう?

しかも、同じ姿勢を続けて
目を酷使して。

そりゃあもう、
首・肩・腰が
バリバリになりますわ。

しかも、緊張も不安も
ハンパなくあって。

頑張り抜いた試験が終わって
受験の緊張がとけたとき

ママに甘えたくなっても
不思議ではないです。

でも、幼い頃のように
甘えることができないときに

「お灸して」って

言ったのではないかしら?
くふふ、可愛い♡

 

 

「触れる」って
言葉のいらないコミュニケーション
です。

その中でも「お灸」って
・温かい
・カラダがゆるむ
・会話のきっかけになる

という
最強のコミュニケーションツール☆

 

温かい・カラダがゆるむは
想像しやすいと思うのですが

会話のきっかけになる
というのはわかりますか?

お灸をするときに
「このツボどう?」
「熱い?」
と尋ねるからなのです。

しかも、
YES、NOで答えられる
問いかけだから

難しい年ごろの子でも
すんなり答えられる!
うなずくだけでもオッケー!

最強です(笑)

 

 

もちろん、
受験で頑張っているときも
お灸してあげると効果的。

そのためにも
受験生だからお灸しましょう!
と、ある日突然はじめるより

普段から
暮らしの中にお灸があって

「やって」「いいよ」
と言い合える関係性があると
もっといいですよね。

 

ーーーーーーーーーーー
自宅でお灸をしていたら
子供たちが集まってきて
一緒にお灸しました!
ーーーーーーーーーーー

そんな嬉しい報告は
お灸教室を開催するたびに
お聞きするものです。

もちろん私は専門家ですから
コミュニケーションだけではなく

効果的なお灸のやり方や
ツボの取り方も
きっちりレクチャーします。

継続のために必要な
「効果の体感」ができます!

 

 

新春お灸教室は
一般向け妊活向けの2種類
ご用意しました。

募集はメルマガで始まっていますので
興味のある方は
こちらからお問い合わせくださいね!

 

 

 

最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。
関連記事
Comment





Comment