toggle
2019-06-04

はり灸Lykke 不妊鍼灸一部再開について

4月の終わり、
平成が終わるタイミングでブログを書きました。

平成の最後に 〜不妊鍼灸をやめます〜

その後、立て続けに
お問い合わせをいただき

一度はやめると宣言しましたが
改めて方針を明確にし
一部再開することにしました。

しかし、
承知おきいただきたいのですが

やめる、ということも
再開する、ということも
それなりの覚悟でやっています。

私自身が、常に変化し続けている
ということです。

かつてのいづみ治療院の患者さまも
初めての鍼灸院のような心づもりで
ご検討くださいね。

 

 

 

私が今やっているのは
会員制鍼灸院「はり灸Lykke(リュケ)」です。

「会員制」ですので
私が決めたルールがあります。

 

不妊鍼灸のルール

  • 最初に10回分の回数券を購入ください。
    回数券購入の時点で「会員」となります。
    (回数券は6ヶ月有効)
  • 回数券を期間内に使い切らなくても
    返金はいたしません。
  • 回数券の価格は年令によって違います。
    購入時点での年令となります。
  • 不妊鍼灸は、最低2週間に1回通ってください。
  • 採卵や移植の場合は直前ではなく
    1ヶ月以上前から来ていただきたいです。
  • 妊娠中の鍼灸は胎児に対するギフトです。
    妊娠中も1ヶ月に1~2回は鍼灸を受けていただきたいです。
  • 基礎体温を毎回ご持参ください。
  • 丸山順子のメールマガジンをご購読ください。
  • はり灸Lykke(リュケ)の不妊鍼灸は
    妊娠を保証するものではありません。

 

お申し込み方法

毎月1回、月初に1~2名募集します。
詳細はメールマガジンで告知します。

 

回数券価格(10回分)

年齢によって回数券の価格が違います。

年齢 回数券金額(10回分)
20代 80,000円
30〜34歳 100,000円
35〜39歳 120,000円
40代 150,000円

 

回数券途中で妊娠した場合

妊婦さんの鍼灸は10,000円です。
妊娠して妊婦鍼灸にシフトする場合は、回数券の差額清算のうえ、一般の回数券に更新します。
(母子手帳を受け取った時点で妊娠とします)

 

 

私は、不妊の鍼灸をするために
カラダ・ココロ・スピリチャルなど
様々な分野の勉強をしてきました。

(これについてはいずれ詳しく
書いていきたいと思っています)

勉強にはお金がかかります。

講習の費用だけではなく
長野から通うための新幹線の交通費
宿泊が必要ならホテル代も。

また、医療関係の書籍は
驚くほど高額です。

今までにかかった費用は
1000万円を軽く超えています。

 

私の優柔不断からくるものですが
それを今まで料金に転嫁できなかったことで
自分自身を苦しめてきました。

料金設定は
いづみ治療院を閉院した
理由の1つでもあります。

諸条件を見直すことにより
不妊鍼灸を再開し
様子をみることにしました。

他にもやりたいことがあるため
いつまで続けるかは未定ですが
ご希望の方はご検討ください。

 

 

 

6月分は本日4日より10日まで受け付けています。
こちらのサイトからお申し込みください。

7月以降については
メールマガジンでご案内しますので
ご希望の方は登録お願いします。

 

関連記事
Comment





Comment