toggle
ブログ
2019-01-04 | ブログ

本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

 

よく晴れて気持ちの良い天気ですね。
私はきょうが仕事はじめです。

女性専門の鍼灸師として
鍼灸を身近に感じていただけるよう
本年も活動していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

1月下旬より新しい形の
「お灸教室」を開催いたします!

詳しい情報はメールマガジンで発信しています。
関心のある方はご登録ください。

メールマガジン登録はこちら

クタクタだから強い刺激…というワケではありません

カラダがとっても疲れているから
強い刺激をする、
というわけではありません。

ーーーーーーーーー
「診断」「経験」
ーーーーーーーーー

がこういう時にモノを言います。

 

患者さまから体験談が届きました!

 

いつもお世話になっています!
今回も溜まりに溜まった疲れを
ガツンとやっつけて‥
と思っていた所、先生から、
今日は触って様子見ながらやって欲しいみたい。
とのお言葉。
そうだったのか私の体。
お灸でゆっくり、じっくり施術してもらうと、
先生の言葉の意味がよーくわかりました。
あら、いつもと違う所にお灸と思ったら、
お腹キュルキュルと反応。
身体がホ〜ッとしていくのがわかりました
次の日、身体の軽さはもちろん、
顔のむくみが取れて
顎ラインと目のサイズがかわっていてビックリ!

本当にいつもありがとうございます。

長野市 M様(公務員)

 

年末は忙しいですよね。
疲れている方は多いですが
その日の彼女のカラダは
いつもと違う感じがしました。

おやおや、おかしいなぁ〜

と思ったので
カラダの反応を見ながら
少ない刺激で
丁寧にやってみようと思いました。

そしたら、
いつもとは違うツボで
思った以上の効果が
出たというわけ。

 

どうしてかというと

・定期的に通ってくださっているからこそ
カラダの変化に気づけた

・マメにメンテナンスしているので
自覚症状よりも実際の疲れの程度が浅かった

・いつもの刺激量がわかっているから
適正刺激がわかる

 

 

初めての施術の場合
少なめの刺激で様子を見て
2回目以降からその人にあう
手技や刺激量に調整していくので

こういう体験にはなりにくいです。

つまり、私の技量だけではなく
長く通ってくださるからこその
患者と術者のコンビネーション。

 

「月に1回を続けてね」

というからには
ちゃんと理由があるんです♪

 

 

クリスマスプレゼントでいただいた可愛いパッケージのお茶

 

 

鍼灸院に行くほどではない不調は
自分でメンテナンスできると
とっても便利ですよね。

2019年新春
スペシャル版のお灸教室
2つ計画しています。

ひとつは働いている女性向け
もうひとつは妊活女性に向けたもの

それぞれ3回のコースです。

1月26日(土)、2月3日(日)、2月17日(日)を予定しています。
詳細はメルマガで発表いたします。

 

 

週に1回、私からのメールが届きます。
よかったら登録してみてくださいね!

メールマガジン登録はこちら

女性にエネルギーを与える鍼灸院

先日のブログの続きです。

私の過去のプロフィール写真は黒歴史レベル
今の私の鍼灸院は“かつての私が欲しかった鍼灸院”

 

 

鍼灸院の形が整った今、
私がやりがいを感じているのは

「その人の後ろに何人も抱えている女性」
なのです。

ちょっとわかりにくいでしょうか?
具体的にいうと

・起業家
・経営者
・医療関係者
・学校教員
・セラピスト
・カウンセラー

もちろん、
子育て中の母親もそうですし

ご自身の仕事を責任をもってやっている
普通の会社員の方もそうです。

その人一人を癒すことで
その後ろにいる何人もの人に
力を与えることができると思うと
自然に力が湧いてきます。

 

 

経営者の方から
体験談を寄せていただきました。

 

Junko先生のアプローチは秀逸です。
蓄積していたからだの緊張や疲労が痛みとして出たとき、私のからだと対話をしながら痛みの原因を探り出し、鍼とお灸を続けてくださるので、その場で痛みが和らぎ消えていきます。
施術後に思うのは、からだが軽くなっていることと心が整っていることです。それは私にとって何より大切なこと。Junko先生に施術してもらうことを習慣にしています。

 

長く妊活で培った
「女性にエネルギーを与える鍼灸」

かつての私のような
働く女性に向けて届けたい。

今はね、そう思っているところです。

 

 

そんな私の思いのこもった
スペシャル版のお灸教室を2つ計画しています。

ひとつは働いている女性向け
もうひとつは妊活女性に向けたもの。

それぞれ3回のコースです。

1月26日(土)、2月3日(日)、2月17日(日)を予定しています。
詳細は後日メルマガで発表いたします。

 

 

週に1回、私からのメールが届きます。
よかったら登録してみてくださいね!

メールマガジン登録はこちら

 

今の私の鍼灸院は ”かつての私が欲しかった鍼灸院”

先日のブログ
「私の過去のプロフィール写真は黒歴史レベル」
では、かつての私がとても疲れていた
ということを

過去のプロフィール写真を
添えて書きました。

 

 

昨年の年末に鍼灸院をやめて
もう1年になります。

頑張って続けた鍼灸院でしたが
今思うと、私にとって

「頑張る」ために
「未来からエネルギーを前借り」

してたみたいです。

 

いづみ治療院をやめてから
しばらくは
前借りした分を返すように

旅行に出かけたり
趣味の写真を楽しんだりして

カラカラだった自分に
栄養を与え続けたこの1年でした。

最近ようやく「満たされた」
と感じるようになりました。

 

 

自分が満たされた今、やりたいのは
かつての自分が欲しかった鍼灸院

例えば、こんな感じなんですよ。

・いつもお気に入りの人から施術を受けられる
(小さな鍼灸院だからできること)

・施術する人がいつも元気
(疲れてると施術される方が気を使うこともあります)

・予約がとりやすい
(今、患者さまの数が少ないので土日でも予約取りやすいです)

・予約がいつでもどこでもできる
(ネットの予約システムを利用しているので、夜中でも思い立ったときに予約ができます)

・遅い時間までやっている
(自宅の一室でやっているので多少のワガママは大丈夫。19時受付が最終ですがご相談ください。)

・日曜日もやっている
(もう、子育てが終わりましたので土日関係ありません。ただし研修などで留守にすることはありますけど)

・仕事や子育ての苦労を理解してもらえる
(どちらも存分にやってきましたので)

・カラダだけでなく気持ちも整う
(患者のみなさまからはそのように言っていただいています)

 

そのかわり…

 

・会員制となっております。毎月来ていただくのが前提です。

・会員になるには回数券を買っていただきます。

・施術代金はおそらく他の鍼灸院よりお高めです。
(いづみ治療院時代より値上げしました)

・夜間は割増料金になります。

・予約受付はウェブでのみ扱っております。電話不可です。

 

 

そして、
どんな人に来てほしいか
ということも変わりました。

 

長くなったので
次のブログに続きます🍀

 

 

 

週に1回、私からのメールが届きます。
私の鍼灸に興味のある方もご登録くださいね!

メールマガジン登録はこちら

 

私の過去のプロフィール写真は黒歴史レベル

鍼灸師の丸山順子です。

先日、写真の整理をしていたら
以前のホームページに使っていた
プロフィール写真が出てきて
ビックリしてしまいました。

隠しておこうと思ったけど
公開しちゃおう。

 

まずは今の姿を目に焼き付けてください。
今年の5月に専門のスタジオで
美しいカメラマンに撮ってもらった
お気に入りの一枚!

 

 

カッコつけてますね〜(笑)
この撮影、とっても楽しかったな♪

 

さて、そして。

 

本題の過去のプロフィール写真はこちら!

 

 

ヒエ〜(^_^;)

疲れて、やつれてますよね。
4〜5年ぐらい前だと思います(苦笑)

プロフィール写真に使っていたので
当時としては「良い!」と思って
使っていた写真なのでしょう。

今となっては「黒歴史」以外の
何物でもありません(^_^;)

 

 

 

 

1年前まで私がやっていた
「はり・灸・マッサージいづみ治療院」

「予約が取れない」と言われて
そこそこ繁盛していたけれど

でも、あの頃の私、
とっても疲れていました。

母子家庭の母だった、
ということもありますが

仕事と子育ての両立、
相当大変でしたもの。

 

なんで、治療院をやめたのか
うまく言語化できなかったけれど
この写真を見たら一目瞭然。

「私、疲れ切ってたんだわ」って(笑)

 

今のほうが元気!

 

長くなったので次のブログに続きます

 

週に1回、私からのメールが届きます。
よかったらご登録くださいね!

メールマガジン登録はこちら

 

 

会員制の鍼灸院はり灸Lykke(リュケ)をやっています。
会員になるまでの流れはこちらからご覧ください

 

 

妊娠・出産は、自分のエネルギーをこどもに分けることだから

女性にとって
体に余力があることが大切!

ということを2回にわたって
カップを満たすことを例にして書きました。

 

例えば妊娠したい女性も
考え方は同じなんです。

 

妊娠・出産って
自分のエネルギーをこどもに分けることです。

母親のエネルギーを

      ↓

赤ちゃんと分ける

 

もし、カップの中身が少なかったら…
分ける余裕がありません。

 

だから、妊娠したい人は
溢れそうなくらいに
満ちていてほしいわけです

 

(異論がある方もいらっしゃると思いますが
あくまで私のイメージです)

 

 

 

自然妊娠を望んでいても
高度な不妊治療を行なっていても
その大切さは変わりません。

 

ーーーーーーーーーーーーー
 お腹にこども宿し
 自分の体の中ではぐくみ
 出産する。
ーーーーーーーーーーーーー

 

そのための力を備えている
エネルギーに満ちた健やかな体
必要になってくるわけです。

それには、鍼灸や漢方などの
東洋医学的なアプローチが
効果的だと私は信じています。

 

 

働く女性が健康を維持するなら
月に1度の鍼灸を提案します。

あくまでも現状維持としてね。

でも、妊娠しようと思うなら
現状維持の更に上をいかなくては。

 

ですから

最低でも月に2回の鍼灸を
受けていただきたい!

そう思っているのです。

 

それは、鍼灸が妊活にとって
本当に効果があると
信じているからなのです。

 

 

(2018/06/25 アメブロより転載)

 

 

この冬は積極的に
お灸教室をやってみようと計画しています。
・一般の方向け
・妊活の方向け
色々なバージョンを考えています。
 興味のある方は
お灸教室先行案内にご登録ください
(メルマガも届くようになります)

 

ブログとは違う内容でお送りします♪
メールマガジン登録はこちら

 

カラダがエネルギーに満ちると、良い影響は自分だけではないのです。

先日のブログでは

自分の器をエネルギーで満たし
常に余力がある状態を目指しましょう!

ということを書きました。

 

その方がいいという理由は
まだあります。

 

例えばこんなカップがあります

 

器が満ちているときは
底の文字がわからないけれど

 

減ってくると、今まで
見えなかったものが見えてくる

 

どういうことかというと

エネルギーが下がると
それまで見えなかった
その人が持っている体質の
弱い部分が出てくるということ。

・風邪を引きやすくなる
・皮膚のトラブルが出て来る
・疲れると膀胱炎になる
(全部過去の私です 笑)

何となく思い当たる方も
多いのではないかしら?

 

– – – – – – –

 

逆にエネルギーに満ちているときは
体調がいいだけじゃなくて。

・笑顔でいられる
・機嫌よくいられる
・寝起きがいい
・気持ちが落ち着いている
・正確で早い判断ができる

他にもたくさんの
メリットがあると思います。

教員をやっている患者さまは

ーーーーーーーーーーーーー
鍼灸を受けた翌日は
こどもたちの落ち着きが違う
ーーーーーーーーーーーーー

とおっしゃってくださったこともあります。

そういえば、私も子育てしてたころ

自分の体調が悪い時に限って
子供がぐずって困る

ということもありましたけど
それも同じですよね。

 

女性がエネルギーで満ちていることは
その人自身だけの問題ではなく

家族や周囲の人にも
影響があると感じています。

 

満たされた女性が増えていきますように。

 

 

 

(2018/06/21のアメブロより転載です)

 

 

 この冬は積極的に
お灸教室をやってみようと計画しています。
・一般の方向け
・妊活の方向け
色々なバージョンを考えています。
 興味のある方は
お灸教室先行案内にご登録ください
(メルマガも届くようになります)

 

ブログとは違う内容です♪
メールマガジン登録はこちら

 

2018-12-08 | お灸教室, ブログ

学校の先生にお灸教室

上田市の学校の先生に呼んでいただいて、
お灸教室をしてきました。

今回はなんと16人!

ワタクシ史上初の大人数です。

 

始める前はこんな感じ。
16人分の灰皿とライターが
ずらっと床に並んでます。

(床が焦げないようにアルミホイルを敷きました)

私のお灸教室は

 ①お灸のやり方
 ②ツボの選び方(本やサイトの紹介)
 ③お灸の買い方

を教えると同時に

お灸の効き目と楽しさを
体感していただくのも目的。

参加者の体調をその場で読み取り
臨機応変にお応えしています。

 

灰皿は理科室からお借りしたとか ^^

 

例えば…
今日の参加者のみなさまは
ストレスが多そうな印象を受けました。

試しに、ダンチュウというツボを
(左右の乳首のあいだのあたり)
押してもらったら

「イタイ!」とおっしゃる方が多い。
ストレスの反応です。

そこに効くお灸をみんなでやって
前後の痛み方を比べてみました。

お灸をする前と後では、
痛みが違うのです。

 

そうやって、
「お灸が効く」ということを
体感してもらうの。

 

お仕事柄、自分のことが
二の次になってしまう方も多いのでは。

そんなときは、気軽に
お灸を試してみてくださいね!

終わったあとはみなさん
頬の血色がよくなっていて
ニッコリと良い表情でした

 

 

今年のお灸教室はこれでおしまい。
来年は積極的にお灸教室やっていきます。

今回は特別に大勢でしたけど
通常は2人から6人がベストです。

 

「お灸教室」リクエストあれば
車でビュンっと飛んでいきます!

お気軽に声をかけてくださいね!

 

 

 

お灸教室参加ご希望の方や
鍼灸施術に興味のある方は
メルマガ登録をどうぞ!

メールマガジン登録はこちら

妊活にも働く女性にも!「日常に鍼灸のある暮らし」を提案します。

きょう、お伝えしたいことは
イメージの部分なので
わかりにくいかもしれません。

できるだけわかりやすく
お伝えするつもりなので

イメージする力を駆使しながら
読んでいただけたらと思います。

*****

まず、自分の体を感じながら
想像していただきたいのです。

たとえば、自分の中に
「エネルギーのカップ」があるとして。

そのカップはどのくらい
満たされている感じがしますか?

 

例えばこんなカップだとしたら?

 

半分くらい?

 

八分目?

 

いっぱいで溢れそう?

 

日によって違うかもしれないし
朝晩でも当然違いますよね。

*****

例えば、こんなことはないでしょうか?

 

夜になると、もうギリギリしか残ってなくて。
(1分目)

 

寝て起きると、少し満たされて。
(イメージですが例えば4分目ぐらい)

 

1日働いて、夜になるとまたギリギリ

 

この繰り返しをしている。
(以前の私もそうでした)

 

朝起きても疲れが取れない。
なんだかいつも疲れている。

 

もし、そうだとしたら
提案させていただきたいのです。

 

朝起きると8分目ぐらいで

 

夜になると5分目ぐらい

 

寝て起きると8分目まで復活

(イメージなので数字は適当です)

 

上のパターン(4→1)と下のパターン(8→5)
1日で減るのは
どちらも同じくらいだとしたら…

下の方(8→5)がいいと思いませんか?

*****

同じように減っても
ギリギリにならない。

余力がある状態を維持する
ということです。

 

月に1〜2回の鍼灸で
常に余力のある状態を!

 

それが私の鍼灸院
はり灸Lykke(リュケ)の目指すところです。

 

(2018/06/21のアメブロより転載・加筆しました)

 

 

 この冬は積極的に
お灸教室をやってみようと計画しています。
・一般の方向け
・妊活の方向け
色々なバージョンを考えています。
 興味のある方は
お灸教室先行案内にご登録ください
(メルマガも届くようになります)

 

ブログとは違う内容です♪
メールマガジン登録はこちら

 

たぶん100人

先日、長野市内で
買い物していたところ

「丸山先生ですか?」と、

2歳ぐらいの子どもを連れた
ママに声をかけられました。 

 

昨年末まで私がやっていた
「はり・灸・マッサージいづみ治療院」
に数回通って妊娠された女性でした!

 

妊娠がわかってからは
つわりが大変で連絡できず

いつかお礼が言いたいと
思っていたのだそうです。 

私の顔を覚えていて
声をかけてくださるなんて
本当にありがたいです!

 

一緒にいた男の子は、
そのときの子♡

元気な親子の姿を見ることができて
本当に嬉しかった ^^

 

 

よく聞かれるんです。

私の鍼灸で
「何人の女性が妊娠してるんですか?」
って。 

 

でも、このようなケースも多くて
カウントするのが難しいのです。

 

でも、わかる範囲で数えてみたら

10人や20人ぽっちじゃないし
50人よりももっと多い。 

 

だから、四捨五入して

たぶん100人

ということにしました。

あながち間違ってはいないと思いますよ。

 

 

 

今までは鍼灸を施術するだけでしたが、
もっと気軽に妊活にお灸
取り入れていただけるよう

「妊活お灸教室」を計画しています。

決まり次第、ご連絡しますので
気軽に先行登録してくださいね!

 

丸山順子のお灸教室
登録はこちらからどうぞ!

 

 

 

メルマガもご登録ください。
ブログとは違う内容を心がけています♪

メールマガジン登録はこちら
1 2 3 4