toggle
ブログ

MyStory2.鍼灸について

鍼灸の資格について
知らない人も多いではないでしょうか?

私も自分が資格を取るまでは
全く知りませんでした。

 

・はり師
・灸師

この2つを合わせて「鍼灸師」です。
単独の資格ではありません。

 

そして、
「東洋医学」は、
「湯液(漢方薬)」と「鍼灸」の二本柱。

 

漢方薬という、カラダの中への刺激。
鍼灸という、カラダの外からの刺激。

この2つは車の両輪のようなもの。

 

現代の資格では
「医師」「薬剤師」と「鍼灸師」
ということになるのでしょう。

 

詳しいことはわかりませんが、
医師や薬剤師の養成機関は
西洋医学がメインで

漢方についてのカリキュラムはほとんどなく
別に学ぶと聞きました。

 

そういう意味では、
鍼灸学校というのは、
東洋医学を学ぶ唯一の専門機関です。

 

 

世間でよく言われている「ツボ」ですが
鍼灸師はツボの専門家です。

3年かけて、「ツボ」、すなわち
「経絡経穴」について専門的に学んでいます。

 

この症状にはこのツボ
なんていう簡単なものではなく、
古代からの叡智がつまったものです。

 

東洋医学の世界での、
「生理学」や「病理学」にあたる
「東洋医学概論」も実に奥深い世界。

 

脈々と受け継がれてきた
「鍼灸治療」の世界は

学んでも、学んでも終わりが見えず
「まだまだだなぁ~」
と、いつも思っています。

 

でも、だからこそ面白い!

 

飽きっぽい私が、
20年も夢中でいられる!
それが、鍼灸の世界です。

 


MyStory1. 鍼灸師の私が、 やってきたこと、やっていること

鍼灸師として、日々、
いろいろな発信をしているわけですが

自分の鍼灸について
まとめてお伝えしたことがないのに気づき

これから、何回か連続で

 

「鍼灸師の私が、
やってきたこと、やっていること」

 

について、書いていこうと思います。

 

 

私は鍼灸師です。

 

実際には

 ・はり師
 ・灸師
 ・あん摩マッサージ指圧師

3つの「国家資格」を持っています。

 

この資格を取るためには
専門の養成機関で3年以上学び
国家試験に合格する必要があります。

私は、東京の
「東洋鍼灸専門学校」で学びました。

当時3歳の娘を保育園に預け
3年間、毎日、新幹線で通いました。
(移動時間は毎日5時間でした)

私も、娘も、
娘を世話してくれた実家の母も
よく頑張ったと思います。

 

 

実は、卒業した年の3月に
地元、長野市にも
鍼灸の専門学校ができたのです。

東京へ通うのはお金も時間もかかったし、
子育てと学生の両立も大変だったので
それを知った時は、ショックだったのですが…

でも、後悔はありません。
貴重な経験を、たくさんしました。

 

①一流の鍼灸師に教えていただいた
伝統ある学校だったので、業界誌に名を連ねる有名な先生がたが、日替わりで教えに来てくださいました。今、振り返っても豪華でした。

 

②医学部の講師に教えていただいた
鍼灸学校といっても、厚生労働省の管轄ですから、学ぶ内容は西洋医学の方が多いのです。解剖学や生理学などは、都内の有名な医大・薬科大学の先生が教えに来てくださいました。(今は違うようです)

 

③モチベーションが高かった
当時の同級生は、卒業してすぐに開業を目指す人が多かったのでモチベーションが高く、休憩時間もよく練習していました。卒業後の開業率は相当高いです。

 

④長野市ではあん摩マッサージ指圧師の資格は取れない
「あん摩マッサージ指圧師」を養成する学校は数が少なく、一般の人が3つの資格を同時に取れる学校は長野市にはありません。
需要はあるんですけどね。
(目の不自由な方の職業確保のため、養成機関が少ないと聞きました)

 

⑤中国の大学病院に見学に行けた
生理学を教えていただいた先生のご縁で、蘇州大学の大学病院の見学をさせていただきました。大学病院で、実際に鍼灸をしている様子や、病院の中で大きな鍋で漢方薬を煎じている部屋を見せていただきました。病院の中に普通に東洋医学がある様子は、貴重な経験でした。

 

⑥東京出張するためのきっかけになった
今、私が東京で施術しているのは、卒業した専門学校の付属治療院です。新大久保駅から徒歩1分の好立地なサロンを、卒業生向けに貸していただいています。そこがあったから東京出張が実現しました。

 

 

当時は批判もありました。

「子育てが終わってから取ればいいじゃない」
「危なっかしくて見てられない」
「鍼灸師なんかで食べていけるの?」

 

と言われたのも、
懐かしい思い出です。

 

鍼灸師を志してから20年。
私にそう言った人たちが
何か助けてくれたことはなく…

むしろ、今ではもう
名前さえ覚えていないくらい。
お付き合いはなくなってしまいました。

 

それもまた、
かけがえのない経験ですね。

 

長くなったので、続きはまた♪

 

 

────────────────

鍼灸師になるまでの物語は、こちらにまとめてあります。

鍼灸師になるまでの道のり
https://izumi-chiryouin.com/michinori01/

────────────────

 

 

疲れていなくてもメンテナンスが必要な3つの理由

長野の緊急事態宣言が解除され、
街に活気が出てきました。

きのう、
最寄りのスーパー(ツルヤ)に行ったところ
マスクが山積みにされ、
消毒薬もたくさん並んでいました。

焦って買う人もいなかったです。
平和ですわ~(笑)

 

感染も怖かったけど、
今まで当たり前に買えたものが買えない不安や
それらが手に入らない焦りも
ストレスだったことを実感しました。

とりあえずひと段落、ですね。

私も少しずつ、
通常業務に戻るつもりでいます。

 

(露地物イチゴの旬です)

 

今の体調はいかがですか?

「今は、そんなに疲れていない」

と、思っていませんか?

そんな人にこそ、
メンテナンスが必要かもしれません。

 

その理由を3つあげてみますね。

 

①コロナのストレス

今は収束に向かって忘れがちですが
当初、未知の新型ウイルスが
世界に広がりはじめたころ
「怖い!」って思いませんでしたか?

激しい肺炎になる事や、
感染経路が見えにくい事。

感染が日に日に拡大するのは
ひたひたと押し寄せる恐怖でした。

この怖いという感情は、
カラダを緊張させます。

 

また、家族が家にいるようになり
そのお世話が大変だった、というのも
かなりのストレスだったと思います。

緊張している間は感じないのですが
緊張がゆるんだ時に、
症状として出ることは多いのです。

 

たとえば、私が思い出すのは
老老介護でご主人をお世話していた奥様。

ご主人が介護施設に入ることになって
「さあ、これから色々と楽しもう!」
と思ったとたんに、

体のあちこちが痛み出し
鍼灸院におみえになりました。

 

そんな風に、気がゆるんだ時に
隠れていた症状が出る事も多いので
ご注意くださいね!

 

②生活パターンの変化

生活パターンが変わった方も多いのでは?

 

私は、鍼灸院を閉院している間
ホームページに手を入れたり
ウェブセミナーを受けたりして
パソコンの前にいる時間が増えました。

長時間、パソコンの前にいると
目は疲れるし、肩や腰にも負担が…

人間のカラダって、
ちゃんと動かしていくことで整うことを実感。

パソコンに向かうというのは
カラダにとっては「不自然」なのです。

 

更にそこに

「運動不足」
「食事や間食の回数が増える」
「結果的に体重が増える」

カラダによくない事が
いくつも重なっていたら
自覚がなくても要注意です。

 

③季節の変化

もうすぐ梅雨に入ります。
カラダに湿気が多いタイプの人は
梅雨時が辛いはず。
(私もです)

 

梅雨寒(つゆざむ)で冷え込んだり
湿気で蒸し暑かったり
天候も不安定で、体調も崩しがち。

・だるい
・胃腸が重い
・関節が痛む

などの症状は湿気が原因です。

 

特に、胃腸が弱いタイプの方。
甘いものや、炭水化物が好きな方。

雨が降ると、体調悪くなりませんか?

もし、そういう傾向があるのなら
症状が出る前に
対策を講じるのがオススメです。

 

 

「今は、そんなに辛くない」

と感じていても、
カラダの中は
いつもと違うかもしれません。

脅すわけではないのですよ。

ただ、そんな可能性があるかも?
と思って、ご自身の体調を
見ていただきたいのです。

そして、カラダのメンテナンスを
生活に加えていただきたいのです。

 

たとえば、こんな事です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

・ラジオ体操でもいいので、軽い運動
・ゆっくりと散歩
・すきな香りの入浴剤を入れて、ゆっくり入浴する
・お風呂上がりにマッサージ

ーーーーーーーーーーーーーーー

などなど。

 

そして、
プロの手を借りて
早めに対処するのも一つの手段です。

お気に入りの所があれば
サクッと行ってしまうのもいいですね。

 

私も『はり灸Lykke(リュケ)』を再開するにあたり
3つの選択肢をご用意しました。

────────────────

①長野で鍼灸
長野市今井で会員制の鍼灸院をやっています。
ご希望の方は、メールマガジンにご登録ください。

────────────────

②東京で鍼灸
東京の新大久保で定期的に鍼灸をしています。
新型コロナウイルスの関係でお休みしていましたが再開します!
次回上京は6月下旬です。
ご希望の方は、こちらに登録お願いします

────────────────

③お灸を使ったセルフケア教室<オンライン版>
オンラインでのお灸教室が好評です!
三密を避けるために始めたオンラインですが、日本国内の地域を問わずにお申し込みいただいています。
子育て中で外出できないママにも好評!!
 6/6(土)と6/7(日)に予定しています。
 こちらのメールマガジンで募集しますので、お待ちくださいね!

先行予約にご登録ください
決まり次第、メールが届きます。

 

────────────────

 

2020-05-17 | おしらせ, ブログ

鍼灸再開します!

先日、長野県の非常事態宣言が
解除されたのにあわせ

私の長野の鍼灸院
はり灸Lykke(リュケ)も再稼働します!

予約のお申し込みは
メールマガジンでおしらせしています。

長野で私の鍼灸を受けてみたい方は
メールマガジンに登録してくださいね!

 

 

感染予防の衛生管理などについては
鍼灸師会の基準にのっとって
行っていきます。

患者さまにお願いする部分もありますので
詳細は予約の際にお伝えしますね。

 

 

 

東京出張も、再開する予定で、
個別に連絡させていただきます。

 

しばらくは、週末を中心に
長野と東京を交互に行う予定です。

 

 

 

家の近くでは、ハナミズキがきれいです。

私が好きなのは、こんな風に開く直前。

この瞬間にしかない美しさを
感じるんですよね。

 

 

 

 

セルフケアのお灸と鍼灸師のお灸は違います

5月9日は世界お灸の日」なんですって。

私も、きょう1日、
お灸を使ったセルフケア教室 オンライン版
で、お灸をお伝えしていました。

 

スマホでも受けられます

 

 

ところで。

自宅で、自分でするお灸って
私が患者さまにするお灸とは
全く違います。

お灸とひとくちに言っても
いろいろなタイプがあります。

私はプロですから、
目的によって、様々なお灸を使い分けます。

 

良くつかうのは、この「もぐさ」。
上手に据えるには、技術が必要です。

 

 

一方、セルフケアでオススメしてるのは
台座灸といって、使いやすく加工したもの。

こんなサイズ。
可愛いでしょう?

 

実際、どのくらい違うといったら…

 

私が臨床でやるお灸は、
花火大会のスターマイン

専門家しか取り扱えない
大掛かりでダイナミックなスターマイン。
それを見に、わざわざ出かけたりします。

 

 

一方、セルフケアのお灸は
線香花火

自宅で思い立った時に楽しめる
気軽で情緒ある線香花火。
引き出しの中にしまっておけば
いつでも楽しめます。

 

どっちがいい?って
どっちもいいんです。

 

今はこういうご時世ですから
気軽に鍼灸やマッサージを
受けることができません。

家の中にしか安全がない
という時でもあります。

ですから、
お灸というセルフケアを学ぶことは
大きな意味があると思っています。

 

古臭いとか思わずに
ぜひ、お灸のある暮らしをしてみてください。

 

 

 

お灸を使ったセルフケア教室 オンライン版
メールマガジンでご案内しています。

【満席御礼】お灸を使ったセルフケア教室 オンライン版

5月になりました。

ゴールデンウィークの長野市は
リンゴの花がきれいです。

私は、基本的に講座の募集は
メールマガジンでお知らせしています。

 

先日は新講座

お灸を使ったセルフケア教室
<オンライン版>

 

こちらをメールマガジンでお知らせしたところ
すでに満席となりました。

 

ありがとうございます!

 

このお灸教室は、
私が10年前からコツコツと続けてきた講座を
オンライン用に再編成したもの。

 

オンラインでも
内容はほぼ変わらないと自負しています。

今回、遠いところでは
和歌山県からお申し込みいただきました。

 

グーグルマップで調べてみたら
私の家からは、車・電車ともに
7時間近くかかるみたい。

この距離に影響されず
お灸教室をお届けできるのが嬉しい!

 

オンラインに挑戦してみて良かったです。

 

 

長野市内から
こんなメッセージを添えて
お申し込みくださった方も。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今は整体など気軽に通えないけど
 不調な場所はあり

 なんとかしたい
 と思っていたタイミングでのこの講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

体に不調があるのに
今まで通っていたところに行けなくなるのは
切実な悩みですよね!

ぜひ、セルフお灸を活用してくださいね!

 

 

すでに
「次回の案内をお願いします」
というメッセージもいただいています。

 

開催が決まったら
メールマガジンでご連絡しますので
楽しみにお待ちくださいね!

 

 

 

 

2020-04-28 | お灸教室, ブログ

コロナ休業、悪いことばかりじゃありませんね

 

鍼灸院を閉院して数日がすぎましたが
時間があるって贅沢だなぁ〜
と、実感しています。

 

今までは、桜の季節でも
仕事とのタイミングが合わなくて
ゆっくりお花見ができませんでした。

 

でも、この春は、
桜の咲き始めから散る時まで
何回も見に行き
たくさん写真におさめることができました。

 

こんな風に
日々、変わっていく桜を追うのは
子どもの頃以来です。

 

 

 

 

他にもあります。

 

私の実家の母は家庭菜園をやっていて
「野菜がを取りにおいで」
と声をかけてくれるのですが
ほとんど行ったことはありませんでした。

 

だって、家庭菜園の野菜は
泥だらけのこともあるし
痛んでいる部分もあります。

 

それをきれいにして
食べられるようにするには
手間と時間がかかってしまいます。

 

わざわざ実家へ行って野菜をもらうより
スーパーで、他の買い物と一緒に
野菜を買った方が楽だったのです。

 

だから、野菜をもらいに行くことは
今まではほとんどありませんでした。

 

ところが、です。

 

今は、収入が減ったこともあり
実家の家庭菜園の野菜を
喜んでもらいに行ってます。

 

お茶を飲んでおしゃべりする余裕も。

 

時間があると、
こんなにも価値観が変わるのは
新鮮な発見でした。

 

コロナ休業がなければ
それに気づかなかった私ですから
この環境も悪い事ばかりではありません。

 

環境が変わったら
視点や価値観が変わります。

 

新型コロナウイルスの影響が収束するまでには
まだまだ変化していくのでしょう。

 

 

 

 

のんびりの生活を楽しみつつも
このままでいるつもりはありません。

 

オンラインで、何かできないかと考えて
「オンライン版のお灸教室」の準備中です。

 

やろうと決めた時から
オンラインでできるお灸の可能性を
日々、研究していますよ♪

 

どうぞ、お楽しみに!

 

 

 

2020-04-15 | おしらせ, ブログ, 鍼灸

コロナ休業いたします

コロナウイルスの感染者が
長野県内でも増えています。

「近所でコロナ感染者が出たので怖くて」
そうおっしゃる患者さまもおられて、
他人事ではない所に来ています。

 

はり灸Lykke(リュケ)での施術を
感染拡大がおさまるまで
お休みすることにしました。

 

現在、私は自宅の一室を使って
鍼灸の施術をしているので

自宅は、私が仕事とプライベート
1日のすべての時間を過ごす場所です。

 

自宅と仕事場が別なら
心配ないのですが

自宅に、家族以外の人が出入りするのは
怖いと思ってしまいます。

 

実際、患者さまも減ってきていることもあり
そろそろタイミングかな、と。

 

19日(日)が最終日となります。
ご希望の方は予約してくださいね。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

来年は楽しくお花見ができますように

 

 

「順子さん、これからどうするの?」
と思った方は、メールマガジンに登録してくださいね。

2020-04-04 | ブログ, 鍼灸

コロナ疲れ

先日「長野市でコロナウイルスの感染者が出た」
という発表がありました。

今まで長野市には感染者がいなかったので
緊張しました。

コロナに対する警戒心は
もう何ヶ月も続いています。

 

自覚なしに疲れています


 

きのう、長野市内の友人の鍼灸院で
鍼を受けてきました。

自覚はなかったのですが
カラダのあちこちがガタガタでした。
それはもう、びっくりするくらい!

コロナ怖いっていう思いが影響して
カラダのあちこちが
縮んだりこわばったりしてたみたいです。

でも、
きちんとメンテナンスしてもらったら
カラダもスッキリですし
気持ちも晴れ晴れ。

ついでに顔も整いました。

なんかね、顔色悪くて
ブスだったみたいです、私(笑)

 

カラダの影響は、思考・気持ち・行動に


 

今ね、ほーんとうにケアが必要な時です。

もともと春は
自律神経が乱れやすく
心もカラダも不安定な季節。

そこに、
このコロナの問題で

気持ちは乱れ
怖れからカラダに無駄な力が入り
頭はフル回転して興奮しっぱなし
強烈な「のぼせ」に。

・テレビ・パソコン・スマホを見る時間が多い
・夜、よく眠れない。寝ても途中で起きてしまう。
・頭が熱く、足は冷えている
・イライラする。カーッとしやすい。
・頭がぼうっとして決めることができない。
・胃腸の調子が悪い。食欲がない。

 

該当する症状が複数あったら
何か手を打つ必要があります。

ほおっておけば良くなる?

いいえ。

「今」だけの問題ではありません。
カラダが悪いと正確な判断や
敏速な行動ができません。

将来的に
身近にウイルスがやってくる時のために
自己免疫力をあげておく必要があります。

カラダを整えましょう。

うがい手洗いはもちろんの事。
そのほかにできることは
いろいろあります。

・きちんと眠ること。
・意図的にテレビ・パソコン・スマホを遠ざけること。
・適切な運動をすること。
(激しい運動は消耗するのでよくないです)
・食べ過ぎ・飲み過ぎに要注意。
(胃腸に負担をかけてはいけません)

そして、もしよかったら
鍼灸を受けてほしいのです。

心もカラダも、頭もスッキリしますし
私と話をするのも良い効果になると思います。

こういう時は特に
「疲れたカラダでいるだけ損!」なんですよ。

鍼灸は濃厚接触な仕事なので
コロナの蔓延状況によって
いつ、仕事ができなくなるかわかりません。

私のはり灸Lykke(リュケ)は
原則、回数券制なのですが

そんな理由から、これからしばらく
回数券でなくても大丈夫です。

本当にお早めにどうぞ!

 

東京出張の患者のみなさまへ


今週末から来週に予定していた
東京出張を延期し、
迷惑をおかけしたみなさま
申し訳ありません。

今後の様子をみながら
できるだけ早めにご連絡いたします。
しばらくお待ちくださいね。

 

(近所の桜)

いろいろ書いてきましたが
結局のところ
カラダを大切にしましょう!
というところに尽きます。

命優先の時代へと
変わっていくのでしょう。

変化の波は厳しいのですが
それが過ぎたら
よい時代が来ると信じています。

健やかなカラダとココロで
乗り切りましょう!

 

 

新型コロナウイルスに関するご連絡

世間の話題は新型コロナ一色で
マスクがないとか
消毒薬がないとか
トイレットペーパーや
生理用品やオムツまで?

スーパーでは
空っぽになった棚を見て
びっくりしています。

トイレットペーパーは在庫十分にあるので大丈夫ですって!
この写真見ると安心しません?

という私も、
鍼灸という仕事には
消毒薬は必須。

在庫あると思って
買い占めの話題を
人ごとと思っていたけれど

ある日、ふと確認してみたら
「あれ?在庫ないじゃーん!」

あわてていつもの問屋さんのウェブサイト見たら
全部売り切れで
もう、焦ったのなんのって!

なんとか見つけて買ったけど
本当にヒヤヒヤしました。

 

 

そんな中ではありますが
私は通常通りに鍼灸の営業をしています。

長野の自分の施術所も
東京のサロンも
どちらも通常通りですので
予約されている方、ご心配なく。

でも、キャンセルしたいという方は
遠慮なくどうぞ。
キャンセル料は不要です。

 

– – – – – – –

 

ウイルス感染については
常に最新の情報をチェックし
うがい・手洗いの励行を
いつも以上に気をつけています。

食事や睡眠にも気を配り
自己免疫力を下げないよう
努めています。

万が一、38度以上の発熱があった場合は
感染の可能性も考え
キャンセルのご連絡をしますので
ご承知おきください。

施術を受けにおみえになる方も
発熱や咳など体調に不安がある場合は
キャンセルしていただけたらと思います。

 

できるだけ、平常心でいきたいものです。

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6