toggle
2019-03-14

うまくいかなくてもいいのかもしれない

もう何年も前のことです。

東北にとてもお世話になって
大好きだった女性がいて

「お灸教室をやってくれませんか?」

という問い合わせを
いただいたことがありました。

その時、
とっても嬉しかったんです。

県外でお灸教室ができることも、
その女性に声をかけてもらえたことも
嬉しくてたまらなかった。

せっかく東北に行くのなら
松島に行き、
遊覧船に乗って観光したいと
想像を膨らませていました。

ところが、
火を使える会場が見つからない、
という理由で

そのお灸教室の話しは
流れてしまいました。

楽しみにしていた分
ものすごーくショックでした。

 

 

それから何年かすぎて
ふと、気になって
そのお灸教室が予定されていた日を
調べてみたのです。

そしたらね、
2011年3月10日だったんです。
大震災の前日。

もし、予定通りに
お灸教室を開催できたら

翌日は海の近くで
観光をしていたことでしょう。

もしかしたら私も
津波に飲み込まれていたかも
しれません。

うまくいかないことによって
避けている不幸も
あるのかもしれないと
このときしみじみと感じました。

 

 

私はつい、
希望がすんなり通ることや
トントン拍子に物事が進むことを
期待するし

ものごとがうまくいかなくて
後悔したり、残念がったりすることも
人一倍多いのですが

そんなときには
このことを思い出します。

 

表面上は
うまくいかないように見えても
それが最善。

その証拠に、
「今、生きてるから」って。

 

 

 

 

私のやってるはり灸Lykke(リュケ)
新規の患者さまを募集中です。
メールマガジンでご案内しています。

メールマガジン登録はこちら
関連記事
Comment





Comment