toggle
2018-12-04

妊活にも働く女性にも!「日常に鍼灸のある暮らし」を提案します。

きょう、お伝えしたいことは
イメージの部分なので
わかりにくいかもしれません。

できるだけわかりやすく
お伝えするつもりなので

イメージする力を駆使しながら
読んでいただけたらと思います。

*****

まず、自分の体を感じながら
想像していただきたいのです。

たとえば、自分の中に
「エネルギーのカップ」があるとして。

そのカップはどのくらい
満たされている感じがしますか?

 

例えばこんなカップだとしたら?

 

半分くらい?

 

八分目?

 

いっぱいで溢れそう?

 

日によって違うかもしれないし
朝晩でも当然違いますよね。

*****

例えば、こんなことはないでしょうか?

 

夜になると、もうギリギリしか残ってなくて。
(1分目)

 

寝て起きると、少し満たされて。
(イメージですが例えば4分目ぐらい)

 

1日働いて、夜になるとまたギリギリ

 

この繰り返しをしている。
(以前の私もそうでした)

 

朝起きても疲れが取れない。
なんだかいつも疲れている。

 

もし、そうだとしたら
提案させていただきたいのです。

 

朝起きると8分目ぐらいで

 

夜になると5分目ぐらい

 

寝て起きると8分目まで復活

(イメージなので数字は適当です)

 

上のパターン(4→1)と下のパターン(8→5)
1日で減るのは
どちらも同じくらいだとしたら…

下の方(8→5)がいいと思いませんか?

*****

同じように減っても
ギリギリにならない。

余力がある状態を維持する
ということです。

 

月に1〜2回の鍼灸で
常に余力のある状態を!

 

それが私の鍼灸院
はり灸Lykke(リュケ)の目指すところです。

 

(2018/06/21のアメブロより転載・加筆しました)

 

 

 この冬は積極的に
お灸教室をやってみようと計画しています。
・一般の方向け
・妊活の方向け
色々なバージョンを考えています。
 興味のある方は
お灸教室先行案内にご登録ください
(メルマガも届くようになります)

 

ブログとは違う内容です♪
メールマガジン登録はこちら

 

関連記事
Comment





Comment