toggle

profile

長野市の鍼灸師、丸山順子です。

 

女性専門の鍼灸師で、

 ・働く女性のケア
 ・妊活のサポート
 ・妊婦さんのケア

を得意としています。

 

 

「働く」という言葉を
「収入を得る」という意味ではなく、

「体を動かし何かを生みだす」
という意味で使っています。

 

ですから、収入を得ることだけでなく

・家事
・子育て
・介護
・ボランティア
・趣味のクリエイティブな活動

すべて「働く」だと思っています。

 

 

女性は本来、有形・無形のさまざまなものを
「生みだす力」を持っています。

 

その力を最大限に生かせるよう、
「鍼灸」というツールをつかって
サポートしていくことに
大きなやりがいを感じています。

 

 

 

 

鍼灸は体にのみ効果があると思われがちですが、
患者のみなさまからは、
「体だけでなく、心も整いました」
という声をたくさんいただいています。

よく言われていることですが
「心と体はつながっている」ことを、
臨床の中で実感しています。

 

さらに、私の今までの次のような体験

・不妊体験
・夫との死別
・ひとり親での子育て経験と、その子の巣立ち
・長野から新宿まで新幹線での鍼灸学校通学
・鍼灸院開業
・女性専門の鍼灸師としての経験値

これらからくるエネルギーも伝わるようで

「励まされる」
「愛と勇気の場」

そんなことを言っていただくことも多いのです。

 

 

鍼灸師としてのキャリア

2005年3月

東洋鍼灸専門学校(新宿)を卒業して国家試験に合格

2007年3月

長野市今井に「はり・灸・マッサージいづみ治療院」を開業

 

鍼灸師になるまでの詳細についてはこちらに書いています(別のブログにとびます)

 

 

長野市にいづみ治療院を構えてからも、常に東京や日本各地に通って学び研鑽を続けてきました。
おかげさまで長野市の女性専門の鍼灸院として、地域のみなさまからもご愛顧いただき、様々な方面からのご紹介もいただいておりました。

 

2017年12月。
一人娘が巣立つのをきっかけに、11年間続けてきたいづみ治療院を惜しまれつつも閉院しました。

現在は、長野市今井で、会員制鍼灸院「はり灸Lykke(リュケ)」をやっています。

また、月に1〜2回程度、東京新宿で出張鍼灸もしています。

<患者さまからの声>

資 格

「鍼灸師」とざっくり言っていますが

 ・鍼師
 ・きゅう師
 ・あん摩マッサージ指圧師

の3つの国家資格を持っています。

 

産科鍼灸については

女性鍼灸師フォーラム主催「妊婦さんの鍼灸治療講座」

にて研修いたしました。

 

鍼灸以外の資格としては、2016年には、日本不妊カウンセリング学会の不妊カウンセラーの認定を受けました。

(認定書いただいて喜んでいる2016年の私)

 

 

講師のしごと

各種講座の講師もしております。

お灸教室

 

魔法の夢ノート

 

専門分野の講師

 

 

プライベート(趣味)

娘が巣立ったあとの趣味は、写真・旅行など。アクティブに外出するのが好きです。

妊活で関わった方とその子供たちの姿を写真に納めるのが最高の楽しみです!

 

 

最新のおしらせや、鍼灸の施術をご希望の方はご登録ください。